地域一体 チキン祭り 九戸で29日開幕、買い物客に特製タオル

「キングオブチキン」のマフラータオルを手に感謝祭をPRする「九戸宣隊★魅せるんジャー」のメンバー
 九戸村や村商工会など5団体は29日から、オリジナルキャラクターをモチーフに「キングオブチキン(オブチキ)感謝祭」と銘打ったイベントを初めて展開する。11月15日までの期間中、参加店舗で合計5千円以上買い物すると特製マフラータオルをプレゼントする「レシートラリー」を実施。飲食店のほか金融機関や路線バスなど幅広い業種が一丸となり、全国有数の生産量を誇る鶏肉の消費拡大や村のPRに乗り出す。

 オブチキ感謝祭に協賛するのは7企業・団体、参加するのは村内の81店舗・事業所。レシートラリーはWチャンスとして、抽選で50人に協賛社の商品詰め合わせを贈る。飲食店ではチキン料理メニューを提供し、オドデ館とまさざね館では、チキン関連商品の特設ブースを設ける。

 県北バスは村内の路線バスの乗客に「オブチキ村行き」の記念切符を配布。オドデ館で切符を提示した先着100人に野菜をプレゼントする。金融機関では、特殊詐欺防止のポストカードを配る。

 開幕日の29日は、晴山裕康村長が「オブチキ村」とすることを宣言。併せて同日を「チキン労感謝の日」とする。

 伊保内高有志で組織する「九戸宣隊★魅せるんジャー」が19日、同村伊保内の村公民館で記者会見して概要を発表。山下真央さん(3年)は「感謝祭を通じて九戸を多くの人に知ってもらいたい」と願った。

 20日には同村の伊藤仁副村長と同校の生徒らが盛岡市を訪れ、県庁や岩手日報社でPR活動を行った。

 オブチキ感謝祭の詳しい内容は、村ホームページに掲載。問い合わせは村総務企画課(0195・42・2111)へ。

九戸村

岩手
九戸チキンに新風 お菓子・ファストフード、鶏みそ使用し開発
岩手
特産ぎゅっと、かき氷に カフェ「こちゃや」で販売
岩手
九戸発信 魅せるんジャー 伊保内高有志が結成
岩手
九戸村の養鶏PRキャラモチーフ 商店応援ピンバッジ販売
岩手
命きらめく 折爪岳・ヒメボタル