巨体を躍動させ、激しく角を突き合わせる闘牛
 今シーズン初開催となった平庭闘牛大会もみじ場所(いわて平庭高原闘牛会主催)は18日、久慈市山形町の平庭闘牛場で行われた。20頭が角を突き合わせ、熱い攻防を繰り広げた。

 体重約400~千キロの巨体が砂煙を上げながら激突。頭をぶつけ合うたびに「ゴッ、ゴツッ」と鈍い音が会場に響き、県内外から訪れた約800人の観客は熱戦に拍手を送った。

 盛岡市永井から家族で訪れた佐藤丈太郎君(永井小4年)は「初めて闘牛を見た。戦う牛の迫力がすごかった」と目を輝かせた。

 大会は東北唯一の闘牛で例年5~10月に4場所実施。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で3場所中止となり、最初で最後の開催となった。同闘牛会の八重桜友夫会長は「感染症対策を施し開催にこぎ着けることができた。歴史ある大会を今後も盛り上げていく」と誓った。

久慈市

岩手
心華やぐつるし飾り 久慈市内2カ所、18日まで
岩手
のんさん油絵、にぎわい願う 久慈・YOMUNOSUで披露
岩手
昆布職人 「技と味」で魅了 三鉄こたつ列車、実演好評
岩手
久慈・シイラバーガー誕生 「低利用魚」生かす一品
岩手
三鉄から愛を込めた贈り物 キャラカード付きケーキ限定販売