森吉山の紅葉見頃、黄や赤に色づく 観光客を魅了

ゴンドラ山頂駅舎(右奥)付近からの眺望
 秋田県北秋田市の森吉山で紅葉が見頃を迎えている。阿仁スキー場のゴンドラ山頂駅(標高1167メートル)付近は18日、黄や赤に色づいた山並みの景色を堪能する人たちでにぎわった。

 現在見頃を迎えているのは標高千メートル付近から石森(1308メートル)周辺。ブナやカエデなどの色鮮やかな紅葉と、雄大な山々が連なる景色が同時に楽しめる。今後は標高が低い所で見頃を迎え、山麓駅(537メートル)周辺では今月下旬ごろまで深まる秋の風景を満喫できそうだという。

 この日は県内外から多くの観光客が訪れ、昼前にはゴンドラに乗車するまでの待ち時間が約1時間となる混雑ぶり。登山サークルの仲間と10人で訪れた仙台市の大塚博司さん(84)は「森吉山には初めて来た。ゴンドラに乗って楽々と紅葉や雲海を楽しめる上、周囲の山々の景色も素晴らしく満足している」と話した。

 山麓駅前では、キノコなど地元の特産品を販売する「秋まつり」が行われた。昼前と午後2時の2回、なめこ汁計300食が無料提供され、来場者が行列をつくって舌鼓を打っていた。

 ゴンドラは来月1日まで毎日運行する。午前8時45分~午後3時半。大人1800円、小学生800円(いずれも往復)。問い合わせは同スキー場TEL0186・82・3311

北秋田市

秋田
北秋田・仙北宿泊の東北在住者対象 内陸線きっぷプレゼント
秋田
内陸線沿線から星空楽しもう! 道具貸し出し、宿泊プランも
秋田
棚田や杉林でキャンプ 北秋田「森のテラス」にテントサイト
秋田
マタギや釣り人…内陸線沿線のかかし、好みはどれ? 投票中
秋田
今年生まれの2頭は「ひかり」と「あかり」、くまくま園