原木マイタケ どっしり 宮古・川井で収穫期終盤

大きく育ち、収穫期を迎えた原木マイタケ=8日、宮古市川井
 8日の岩手県内は気圧の谷や前線の影響で曇りとなった。宮古市川井では、特産の原木マイタケの収穫が終盤を迎えている。

 光と雨を防ぐ黒いシートに覆われた市まいたけ研究開発センターの圃場では、薄く土をかぶせた原木から直径30センチほどのマイタケが姿を現している。今年は夏の猛暑の影響で収穫が2週間ほど遅れているという。

 同圃場のマイタケを取り扱う川井産業振興公社の佐々木孝営業課長は「年に1度しか収穫できない原木マイタケは、だしのうまみや食感、重さが違う」と胸を張る。同市川内の道の駅やまびこ館や同市小国の里の駅おぐに、いわて銀河プラザ(東京)で販売している。

宮古市

岩手
笑顔あふれる新広場 宮古・道の駅やまびこ館、大型遊具を設置
岩手
観光復活 担う決意 県北バス入社式、初の男性バスガイド採用
岩手
震災遺族10年の軌跡、映像で きょうから宮古で報道展
岩手
「がっくらの郷」に爽やか新味 陸前高田のユズを使用
岩手
春めく潮風とトレッキング 宮古・重茂地区