旬味 サンマお待たせ 釜石に今季初水揚げ

新浜町魚市場に今季初めて水揚げされたサンマ
 釜石市の新浜町魚市場に6日、サンマ約15トンが今季初めて水揚げされた。昨年より10日早く、県内では大船渡市魚市場に続いて2カ所目。例年に比べて数量は少なく、関係者は今後の復調を願った。

 同日午前6時ごろ、富山県魚津市の第8珠の浦丸(猟田(りょうだ)雄輔船長、199トン)が入港。千島列島南東のロシア海域から取れたサンマを水槽に移した。1匹120~140グラムの中型が多く、1キロ当たり1300~1450円の高値で取引された。

 昨年の初水揚げより約65トン少なく、回復の兆しが見えない中、猟田船長(66)は「群れが薄い。少しずつは取れるようになってきたが、相変わらず厳しい」と語った。

 地元の水産加工業、平庄の平野隆司社長は「魚体は脂が乗って質が良いと感じた。10月中にもう少し量も増えてほしい」と期待を込める。

大船渡市

岩手
キャンプ場の安全利用祈る 碁石海岸、きょうから
岩手
大船渡夏まつり 8月6、7日開催へ 規模縮小し2年ぶり
岩手
色鮮やか 五葉山の初夏 ヤマツツジ、青空に映え
岩手
美しい大船渡を空撮 ドローンパイロットの写真や動画展示
岩手
三陸走破のレース開催へ 23年に500人規模で計画