国内唯一 リトアニアビール 久慈琥珀が輸入、販売

久慈琥珀が取り扱いを始めたリトアニアのグベルニヤ社の缶ビール
 久慈市小久慈町の久慈琥珀(こはく)(新田久男社長)は市内の直営店などで、リトアニアのビール4種類の販売を開始した。同市と同国のクライペダ市は姉妹都市で、国内初輸入の逸品。国内では久慈でしか買えない味が注目されている。

 取り扱うのは同国のグベルニヤ社醸造のトラディショナルボック(568ミリリットル)と、ラガー、アンバーエール、バルティックポーター(いずれも500ミリリットル)の計4種類。すっきりした喉越しや黒ビールのような深いコクなど個性的な特長がある。

 久慈琥珀は「琥珀が採れる港町」の縁で交流を深めてきた同国のワインや民芸品を扱っており、ビールの取り扱いも検討していた。新田社長ら久慈市の親善使節団員が昨年、姉妹都市締結30周年を記念して同国を訪問。現地で飲んだビールが団員らに評判だったこともあり、賞味期限の比較的長い缶ビールを輸入することを決めた。

 新田社長は「多彩な異国の味を飲み比べて楽しんでほしい」とアピールする。

 同社のリトアニア館(同市小久慈町)、ステーションプラザ(JR久慈駅内)、街の駅店(道の駅くじ やませ土風館内)の3カ所で販売。ばら売りはせず、10月中旬までは特別価格で4本セット1430円。問い合わせは同社本社ショップ(0194・59・3817)へ。

久慈市

岩手
久慈磯らーめん発信 「袋入り」開発、17日から販売
岩手
心華やぐつるし飾り 久慈市内2カ所、18日まで
岩手
のんさん油絵、にぎわい願う 久慈・YOMUNOSUで披露
岩手
昆布職人 「技と味」で魅了 三鉄こたつ列車、実演好評
岩手
久慈・シイラバーガー誕生 「低利用魚」生かす一品