最後のゆるキャラグランプリ 滝沢できょう開幕

ゆるキャラグランプリ優勝を目指す陸前高田市のマスコットキャラクター「たかたのゆめちゃん」=9月
 投票でご当地や企業のキャラクター日本一を決める、ゆるキャラグランプリ(実行委主催)は3、4の両日、滝沢市砂込のアピオで開かれる。東日本大震災が発生した2011年に始まった大会は今回が最後。来場者による決選投票で、グランプリを決める。

 「ゆるキャラグランプリ2020 THE FINAL 未来へつなぐ いわて幸せ大作戦!!」は、ご当地と企業・その他の2部門に691組がエントリー。本県からも市町村の観光PRキャラクターなど約40組が参加する予定。当日は両部門上位20位のキャラたちがステージで魅力をアピールする。県立大生と大原学園盛岡校生、ゆるキャラによるさんさ踊りパレードも行われる。

 来場者は1人1票投票でき、9月までに実施したウェブ投票と来場者による決選投票で日本一を決める。

 両日とも午前9時~午後4時。投票券の引き換えが午後0時45分まで、投票は同1時で締め切る。

 当日入場券は1日につき、高校生以上700円、小中学生400円、未就学児無料。

滝沢市

岩手
小学生よ旅に出よう IGRが片道100円切符
岩手
いわて雪まつり初の中止決定 代替イベントなし
岩手
「滝沢はるか」蜜たっぷり ブランドリンゴ6日から販売
岩手
「滝祭」地域に元気 飲食ブース、SL乗車も
岩手
さんさ動画 3大学が共演 岩手大サークル制作、ネットで公開