疫病よ去れ、気迫の演舞 北上・民俗芸能9団体「ヘンバイ祓い」

舞台を力強く踏みしめて疫病退散を願う滑田鬼剣舞保存会の会員
 県内の芸能団体有志らによる公演「ヘンバイ祓(はら)い2020」は26日、北上市和賀町岩崎の鬼の館で行われた。大地を踏みしめて悪霊を退散させるヘンバイの所作を通じて、新型コロナウイルス感染症の収束を願った。

 県内の鬼剣舞、鹿踊り、神楽の計9団体が出演。疫病や凶作に見舞われるたびにヘンバイで平穏を祈念した先人たちの姿を重ねながら、笛や太鼓、かねに合わせて舞台を踏みしめた。

 同市の滑田(なめしだ)鬼剣舞保存会(高橋忠男会長)は、念仏を唱えた後、演目「三人加護」を披露。気迫に満ちた演舞で疫病退散への思いを体現した。

 同公演は、コロナの影響で各地の団体が公演の機会を失う中、民俗芸能の活性化に向けた関係者の思いを一つにしようと、有志が初めて企画した。

北上市

岩手
手仕事のぬくもり感じよう 北上の温浴施設、クラフト作品販売
岩手
夏油お得に回遊 北上・温泉郷旅館組合、共通割引券を初配布
岩手
おいでよ昆虫の世界 北上市立博物館和賀分館、標本800点展示
岩手
自作の陶器で彩りを 「ma-ma工房」をオープン
岩手
新食感のフルーツ大福 三中井(奥州)が北上に専門店