救助されたハヤブサ見に来て 盛岡市動物公園

盛岡市動物公園で展示を開始したハヤブサ
 盛岡市新庄の市動物公園(辻本恒徳園長)は、けがをして救助された雄のハヤブサの展示を始めた。ちょこちょこと動き回る様子がかわいらしく、注目を集めそうだ。

 体長約40センチ、体重は592グラムほど。昨年6月、矢巾町の民家のアンテナにぶつかって左翼の骨が折れ、救助された。同園には今年6月25日に県鳥獣保護センターから移管され、今月28日から展示をスタート。飛ぶことはできないが、鋭い爪を持つ一方、つぶらな目で愛らしい姿を見せる。

盛岡市

岩手
新装開業まで情報発信 盛岡市動物公園のパネル展始まる
岩手
もりおか短角牛フェア10回目 24店舗自慢の味、持ち帰りも
岩手
惜しまれ 半世紀の歴史に幕 盛岡・かわとく壱番館内丸店閉店
岩手
原木シイタケ洋食にアレンジ 県立大生考案、16 日から店で提供
岩手
アートの力、初の常設展 盛岡・松嶺さん、絵筆を口にくわえ制作