魅力発見 ぐるり一戸グルメ 来月1日から47店スタンプラリー

ポスターを手に「いちのへスタンプラリーでごはん堂」をPRする実行委のメンバーら
 一戸町飲食店等情報発信事業実行委員会(駒木厚介委員長)は9月1日から、町内の飲食店と食品販売店で、スタンプを集めると抽選で町の工芸品などが当たるスタンプラリーを行う。町民らに飲食店の利用を促す目的で初めて実施。コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを応援する。

 「いちのへスタンプラリーでごはん堂」と題した事業に参加するのは、町内の飲食店と食品販売店47店。参加店で500円以上の食事や買い物をするともらえるシール(1回につき1枚のみ)を4枚集めて応募カードに貼り、町内5カ所に設置する応募箱へ入れるか郵送する。シールの配布は来年2月15日まで。

 10月13日、12月15日、来年2月16日に抽選会を開き、抽選で各回30人に工芸品や商品券を贈る。抽選会の様子は「いちのへごはん堂」のフェイスブックで生配信。お店の口コミなども紹介してイベントを盛り上げる。

 町民有志や地域おこし協力隊員らで組織する同実行委は5月、テークアウトやデリバリー情報などを集めたウェブサイト「いちのへおうちでごはん堂」を立ち上げた。「新しい生活様式」に対応し、6月には名称を「いちのへごはん堂」と変更した。

 地域おこし協力隊の大平(おおだいら)直人さん(25)は「ウェブサイトで新たなお店を知ったという声も多い。スタンプラリーを契機に町内のさまざまなお店を回り、魅力を発見してもらいたい」と期待する。

一戸町

岩手
宮田温泉誘客へ20日初の催し 地元一戸と二戸市の有志
岩手
挑もう スラックライン 一戸奥中山高原、県内初の常設パーク
岩手
レゴで再現、御所野遺跡 一戸・縄文博物館でワークショップ
岩手
つるし雛 旧家に彩り 一戸・うらら亭 来月まで1200点展示
岩手
アマ〝ビエ〟味のジェラート 一戸の店舗、トッピングにヒエ