暑さ忘れる「竜の瞳」 岩手山サービスエリア

八幡平ドラゴンアイをモチーフにした「ドラゴンアイス」
 暑さを吹き飛ばす「竜の瞳」はいかが-。八幡平市平笠の東北道上り岩手山サービスエリア内ベーカリーコーナーでは、八幡平ドラゴンアイにちなんだスイーツ・ドラゴンアイス(1個390円)が行楽客に涼を届けている。

 八幡平山頂付近にある鏡沼がリング状に雪解けする様子から命名されたドラゴンアイ。特徴的な青いリングはミント入りのホイップクリームで表現し、直径約10センチのカップを「瞳」に見立てた。

 その下に田野畑村産の牛乳を使ったソフトクリーム、さらに下にはチョコレートクリームが隠れている。ミントとチョコを、さっぱりとした味わいのソフトクリームが包み込む。

 ドラゴンアイ人気の高まりを受けて昨年5月から販売。見ごろとされるのは例年5月中旬ごろから数週間だが、今季はコロナで客足が鈍る中、需要を伸ばしている。

 ベーカリーコーナー担当でアイスを考案した遠藤巻子さん(57)は「口の中が涼しくなるような商品。少しでも手にとってもらえるとうれしい」と呼び掛ける。

 同コーナーは午前9時~午後6時。問い合わせは同サービスエリア(0195・75・0641)へ。

八幡平市

岩手
初秋の八幡平 駆け上がる ロードレース・ヒルクライム
岩手
ビール醸造、来月から 旧八幡平トラウトガーデンで東京の企業
岩手
パパ似 アルパカ赤ちゃん 八幡平市・サラダファームで誕生
岩手
特産ソーセージ発売 八幡平スマートファーム、市内業者と開発
岩手
静かに夏山シーズン到来 岩手山山開き