農畜産を支援、黒毛和牛PR 盛岡市がフェア

盛岡産黒毛和牛を使った商品を求める買い物客
 盛岡市は8日、同市中ノ橋通のプラザおでってで、盛岡産黒毛和牛フェアを開き、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農畜産関係者の支援として地元食材の魅力をアピールした。

 飲食店など5店舗が黒毛和牛を使ったハンバーガーやステーキ丼などを販売。買い物客は列を作り、目当ての品を買い求めた。

 盛岡市上田の主婦渡辺加代子さん(47)は「黒毛和牛を食べる機会は少ない。こうした催しがあれば地元の味を身近に感じられる」と満足げだった。

 7月末に始まった販売促進キャンペーンの一環。市内14飲食店が参加し、対象メニューを食べた人に抽選で黒毛和牛や加工品を贈る。8月31日まで。キャンペーンの問い合わせは事務局(0120・623・706)へ。

盛岡市

岩手
輝く氷柱に寒さ忘れて 盛岡・薮川で「氷の世界」初開催
岩手
現代アート、時超え共鳴 盛岡の歴史的建造物に展示
岩手
新装開業まで情報発信 盛岡市動物公園のパネル展始まる
岩手
もりおか短角牛フェア10回目 24店舗自慢の味、持ち帰りも
岩手
惜しまれ 半世紀の歴史に幕 盛岡・かわとく壱番館内丸店閉店