爽やか地ビール ジオフード認定 大槌町推進協

おおつちジオフードに認定された「キリキリレモン」と「大槌産牡蠣の黒生」
 三陸ジオパークの認知度向上を目指す大槌町三陸ジオパーク推進協議会(千代川茂会長)は、一般社団法人COLERE(コレレ、芳賀光代表理事)が販売するビール2種類をおおつちジオフードに認定した。

 ホップとレモンの爽やかさが夏に合う「キリキリレモン」と、地元産カキを使った濃厚な味わいの「大槌産牡蠣(かき)の黒生」でいずれも330ミリリットル瓶で600円。製造は一関市の世嬉(せき)の一酒造が担う。

 同法人は2017年4月、地元の会社経営者らが将来のまちの発展を願って設立。通年の土産品を作ろうと、坪谷和彦理事(47)がビールを開発した。これまで町内イベントや直接取引での提供に限られていたが、今後は卸売りもしていく方針。7月から町のふるさと納税返礼品にも加わった。

 認定は、ひょうたん島クッキー、ひょうたん島カレーに続いて3件目。坪谷理事は「町民に認知してもらい、『大槌のビール』として根付いてほしい」と願う。

 商品の問い合わせは坪谷理事(080・1065・0069)またはメール(conta-info@colere.work)へ。

大槌町

岩手
巡る楽しみ「御書印」集め 店ごとにオリジナル、県内は7カ所
岩手
希少植物 復活の兆し 大槌・吉里吉里海岸のエゾノコウボウムギ
岩手
宿泊、半額になる前売り券 大槌町が来月発売
岩手
おうちで、屋外でランチいかが 大槌・チャリカフェ
岩手
自宅再建 念願のそば店 大槌・震災で被災、今月下旬に開業