マタギや釣り人…内陸線沿線のかかし、好みはどれ? 投票中

伝統的なマタギの服装のかかし
 秋田県北秋田市阿仁中村地区で、住民が手作りしたかかしのコンテストが行われている。同地区にある秋田内陸線阿仁マタギ駅近くの休耕田に、釣り人やマタギなど趣向を凝らした21体が並ぶ。10月末まで同駅近くの案内所や会員制交流サイト(SNS)で投票を受け付けている。

 コンテストは昨年に続き2回目。かかしは、池のほとりで釣りをする男女やユニホーム姿の野球選手、毛皮とすげがさを身に着けた伝統的なマタギと稲を干す女性などさまざま。

 かかしの設置は、休耕田を所有する鈴木幸雄さん(79)が2016年に始め、地域のにぎわいづくりにつなげようと数を増やしてきた。昨年から中村自治会が中心となり、コンテストを行っている。今回の21体は、鈴木さんら住民5人で制作した。

 阿仁マタギ駅近くの「阿仁・田沢総合案内所」内に置いてある用紙に、気に入ったかかしの番号を記入して投票箱に入れるか、地区在住の益田光さんのツイッターアカウントに投稿しているかかしの写真に「いいね」を付けて投票できる。アカウントは「masuda_ko」と検索すると表示できる。投票結果は11月、集落の収穫祭で発表する。

 鈴木さんは「集落の貴重な見どころとして、地区内外の人に楽しんでほしい」と話した。問い合わせはメールで益田さん(morigomori@gmail.com)へ。

北秋田市

秋田
森吉山の紅葉見頃、黄や赤に色づく 観光客を魅了
秋田
北秋田・仙北宿泊の東北在住者対象 内陸線きっぷプレゼント
秋田
内陸線沿線から星空楽しもう! 道具貸し出し、宿泊プランも
秋田
棚田や杉林でキャンプ 北秋田「森のテラス」にテントサイト
秋田
今年生まれの2頭は「ひかり」と「あかり」、くまくま園