レゴで再現、御所野遺跡 一戸・縄文博物館でワークショップ

鼻曲り土面と竪穴住居を再現した子どもたち
 御所野遺跡世界遺産登録推進協議会(柴田俊春会長)は26日、一戸町岩舘の御所野縄文博物館でレゴブロックで御所野遺跡の出土品を再現するワークショップを開き、子どもたちが熱中して取り組んだ。

 町内外から約20人が参加。趣味で創作活動を行っている盛岡市三ツ割の会社員岡崎俊彦さん(44)が講師を務めた。

 子どもたちは完成図を見ながら色とりどりのブロックを組み合わせ、博物館に展示されている鼻曲り土面や竪穴住居を作った。最後に、竪穴住居に自分の印を書いた旗を立てた。

一戸町

岩手
イベント満載「縄文ウイーク」 御所野発信、30日から10日間
岩手
一戸高自慢のトマトジャム 生徒が栽培、商品化
岩手
宮田温泉誘客へ20日初の催し 地元一戸と二戸市の有志
岩手
魅力発見 ぐるり一戸グルメ 来月1日から47店スタンプラリー
岩手
挑もう スラックライン 一戸奥中山高原、県内初の常設パーク