天の川風に彩り、たなばた列車出発 鳥海山ろく線、7日まで

天の川風の装飾で彩られた車内
 秋田県由利本荘市を走る鳥海山ろく線(羽後本荘―矢島間23キロ)で、恒例の「たなばた列車」が運行されている。午前9時40分の矢島発と、同10時43分の羽後本荘発の1往復。7月7日まで。

 職員が折り紙で作った天の川風の装飾を車内にあしらい、かすり姿の列車アテンダントが同乗。織り姫とひこ星や、星をかたどった折り紙を乗客にプレゼントするおもてなしもしている。

 たなばた列車は例年、地元の園児たちが願い事を書いた短冊を飾り付けしているが、今年は新型コロナウイルスの感染対策の観点から断念した。

 アテンダントの池田優香さん(35)は「いつものようにたくさんの短冊を飾れずに残念だが、少しでも七夕の雰囲気を味わってもらえればうれしい」と話した。

由利本荘市

秋田
伝統的な農作業、かかしでリアルに再現 由利本荘市・出羽伝承館
秋田
おもちゃ美術館隣に自然豊かな公園 11日オープン
秋田
密避けて飲み食べ歩き 由利本荘で1日からイベント
秋田
山菜料理や万能みそ…家で「秋田の味」を 新橋の「篁」販売
秋田
春の味覚サシボ、年中味わえる! 由利本荘でパック詰め販売