かわいい「アマビエ」和菓子 久慈の製菓店が発売

アマビエをかたどった和菓子「あまびえちゃま」。新型コロナウイルス早期収束の願いを込める
 久慈市旭町の竹屋製菓(嵯峨貞一社長)は新型コロナウイルス収束を願い、疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」をかたどった和菓子を発売した。

 こしあんが入った生菓子で名前は「あまびえちゃま」。髪と体は淡いピンクや緑色で表し、つぶらな瞳はようかんを使った。1個200円。

 「かわいらしく工夫した。厄よけになるよう心を込めて作っている」と川端博幸工場長(51)。見た目と甘さは優しく、疫病退散の効き目は厳しく-。

久慈市

岩手
自慢の海鮮 初の朝市 久慈・大尻地区、あすから2日間
岩手
沿線待望 観光列車再開へ JR、久慈―八戸間24日から
岩手
「しらかば場所」成功誓い土俵入り 久慈で来月、闘牛大会
岩手
体験客、久慈で化石発見 背びれのとげ、国内初
岩手
タウン誌 愛され200号 「ダ・なす」表紙一新、のんさん特集