三鉄41番目の駅 出発 「新田老」開業

開業した新田老駅を出発する三陸鉄道の車両
 三陸鉄道(宮古市、中村一郎社長)の新駅「新田老」は18日、同市田老に開業した。一体的に整備した市田老総合事務所も開所し、東日本大震災からの復興完遂に向けて、まちは再出発した。

 中村社長がホームで、三鉄41番目となる同駅の開業を宣言。駅舎を整備した宮古市の山本正徳市長らがテープカットした。新型コロナウイルス感染症の影響で式典は縮小して行ったが、記念の臨時列車が出発すると住民らが小旗を振って見送った。

 同事務所は通路で駅とつながり、金融機関や商工団体も入る。山本市長は「庁舎と駅を中心とする新たなまちづくりの出発点に立てた。道の駅や高台団地などを回遊できる地域をつくっていきたい」と展望した。

宮古市

岩手
観光復活 担う決意 県北バス入社式、初の男性バスガイド採用
岩手
震災遺族10年の軌跡、映像で きょうから宮古で報道展
岩手
「がっくらの郷」に爽やか新味 陸前高田のユズを使用
岩手
春めく潮風とトレッキング 宮古・重茂地区
岩手
「毛ガニ祭り」盛岡に出張 宮古産 27、28日に販売会