僕も聖火ランナー気分 盛岡・五輪公式店でトーチ展示

聖火リレートーチを手に取り、重さや触感を確かめる親子
 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、盛岡市盛岡駅西通のコジマ×ビックカメラ盛岡店内の東京2020オフィシャルショップ盛岡店で、東京五輪の聖火リレーで使用するものと同じトーチの展示を開始した。29日まで。

 全国のオフィシャルショップで展開。店頭で五輪とパラリンピックの聖火リレートーチ2本を公開し、手に取ったり、記念写真を撮影できる。盛岡・桜城小5年の笹原隆央君は「意外と軽く、自分でも持って走れそう」と目を輝かせた。

 トーチはアルミ製で、ともに全長71センチ、重さ約1キロ。素材の約3割に岩手、宮城、福島の東日本大震災被災3県の仮設住宅で使われたアルミ建築廃材を使用している。

 同店は平日午前10時半~午後9時(土日祝日は午前10時から)。

盛岡市

岩手
渋民の道の駅 3ゾーン整備 盛岡市、配置イメージ固まる
岩手
わが家で「ア・ラ・モンタン」 看板メニューのテークアウト開始
岩手
ラーメン人気店 盛岡へ 奥州・SAMURAI桃太郎4月末出店
岩手
県北、県央の酒蔵堪能を 盛岡振興局、来月までスタンプラリー
岩手
注目「台湾カステラ」 盛岡のホテル販売、しっとり感で人気