雪に紅さすネコヤナギ きょう雨水

雪をまとい、趣ある風景を成すネコヤナギ=18日、金ケ崎町六原・県立花きセンター
 19日は二十四節気の雨水(うすい)。雪が雨に変わり、草木が芽吹く頃とされる。18日の県内は低気圧や冬型の気圧配置の影響で雪や雨となった。金ケ崎町六原の県立花きセンターでは、ネコヤナギが雪をまとい、趣ある風景を成した。

 県立農業大学校(高橋則光校長)が管理するセンター一角の深沢紅子野の花花壇では、断続的にふぶき、ネコヤナギの紅色の粒が白みを伴った。

 盛岡地方気象台によると、19日の県内の最低気温は大船渡2・7度(平年比5・1度高)、北上0・6度(同4・6度高)、宮古0・2度(同3・8度高)、盛岡氷点下1・1度(同3・9度高)など各地で平年を4~6度上回った。

岩手
麺でエール 夜の街 元応援団の福田さん、盛岡・大通に開店
秋田
角館昔語り、夏も楽しんで! 西宮家で9月まで土曜日に開催
岩手
輝く賢治の幻想世界 花巻・童話村でライトアップ始まる
青森
「津軽の刀剣」一堂に、弘前藩歴史館で企画展
青森
【ぐるぐるグルメ】鮮度抜群 葉つきこかぶ/野辺地