菓子店用ディスプレー制作、食感や幸福感を形に 美郷中生

亀太郎の店舗を彩るウインドーディスプレー
 秋田県の美郷中学校の3年生が「菓子舗亀太郎」(美郷町・六郷商店街)の看板商品「窯出しシュー」をイメージし、ウインドーディスプレー36点を制作した。6点ずつ週替わりで店内に展示しており、3月初旬まで楽しめる。生徒たちは「窯出しシューを食べて受けた印象、気持ちを感じ取ってほしい」と話している。

 地元で働く人を知るふるさと教育の一環。空間デザインも学ぼうと、美術の授業で半年かけて制作した。

 窯出しシューは濃厚なカスタードクリームが入ったシュークリームで、1個140円(税込み)。同店が「優しい丸みのある形」「サクサクした生地」「親しみやすい味」とイメージを伝え、生徒144人が4人グループに分かれて1作品ずつ制作した。

 生徒は家で食べたことも思い出し、口に入れた時の幸福感を、造花をちりばめた華やかな空間で表現したり、れんが柄や英語が書かれた紙を使って洋風でおしゃれな雰囲気を演出したりと、紙粘土などさまざまな材料を合わせて仕上げた。

 千馬(せんま)翔さん(14)のグループは滝をイメージし、穴があいたシュークリームから黄色のカスタードクリームが流れ落ちる様子を表現したユニークな作品を制作した。千馬さんは「カスタードのまろやかさを表現した。お客さんが作品の思いに共感してくれたらうれしい」と話す。

 展示は1月下旬に始まり、毎週木曜日に作品を入れ替えて、3月4日まで展示する。湯川佳代子店長は「窯出しシューへの愛が伝わってくる作品ばかり。お菓子選びとともに楽しんでほしい」と話している。

美郷町

秋田
愛犬と一緒に泊まってね あったか山のコテージ改装、美郷町
秋田
美郷町で本場のジェラート大人気 週末は長蛇の列
秋田
美郷町ラベンダーまつり、初の中止 一般開放で入場制限検討
秋田
民家再生奨励賞に奥山旅館本館選出 歴史ある雰囲気評価
秋田
随時更新■暖冬の影響は?秋田の小正月行事・イベント情報