岩泉の絶品ずらり きょうまでJR盛岡駅でフェア

いわいずみ炭鉱ホルモン鍋を振る舞うスタッフ(左)
 JR盛岡支社(石田亨支社長)は9日まで、盛岡市の盛岡駅で岩泉フェアを開き、岩泉町の特産品を販売している。昨年10月の台風19号で被災した事業者も出店し、町の魅力をPRしている。

 同町の酒造会社、精肉店、菓子店など計7社が出店。小本川を遡上(そじょう)したサケの加工品や地酒、昨年好評だった学生考案のホオズキプリンなど約70点が並ぶ。

 昨年11月のB―1グランプリで8位に入賞した、いわいずみ炭鉱ホルモン鍋発掘隊(畠山昌典隊長)の振る舞いもあり、駅利用者らはおいしい匂いにそそられ同町の味を堪能した。

 出店した浜の駅おもと愛土館(あいどかん)の佐藤信祐(としまさ)店長(56)は「東日本大震災や台風19号、サケの不漁と災難ばかりだが、活動していることを皆さんに伝え、ぜひ小本にも立ち寄ってほしい」と話す。

 午前10時~午後5時。ホルモン鍋の振る舞いは午前11時と午後3時に限定各約50食。

盛岡市

岩手
輝く氷柱に寒さ忘れて 盛岡・薮川で「氷の世界」初開催
岩手
現代アート、時超え共鳴 盛岡の歴史的建造物に展示
岩手
新装開業まで情報発信 盛岡市動物公園のパネル展始まる
岩手
もりおか短角牛フェア10回目 24店舗自慢の味、持ち帰りも
岩手
惜しまれ 半世紀の歴史に幕 盛岡・かわとく壱番館内丸店閉店