子年の主役も出番待ち 来月11日から一関・千厩でひなまつり

干支のネズミなど愛らしい人形作りに励む女性たち=22日、一関市千厩町
 一関市千厩町の「せんまやひなまつり」が来月11日開幕する。準備が追い込みの22日、地元の作業場に女性6人が集まり、愛らしいひな飾りの製作に励んだ。

 使わなくなった着物や布団をほどき、丁寧な手作業で干支(えと)のネズミやバラに仕立てた。夏前から作りためてきたネズミは約300体に上り、五輪マークや聖火など多彩に取りそろえる。開催は3月3日まで。

 2008年から続く行事で、当初は自宅に眠るひな人形を活用しようと数軒から始まった。保育園の統廃合や震災後の沿岸部で使われない人形が徐々に集まり、今では50以上の商店が参加する規模となった。

 実行委員長の昆野洋子さん(77)は「伝統を大切にしながら、新しい要素を盛り込もうと挑戦している。思い出の詰まる人形とおもてなしの心で、温かく来場者を迎えたい」と抱負を語る。

千厩ひなまつり実行委員会のフェイスブック

一関市

岩手
もち米酒「結」深く柔らか 一関の酒販店が発売
岩手
一関発 映画「もち」4月公開 全出演者、地元から
岩手
義経の馬、雄姿後世に 一関で特別展、紙芝居や絵図紹介
岩手
冷水浴び 疾風のごとく 一関・大東大原水かけ祭り
岩手
春を呼ぶ ひな人形の共演 一関・千厩でまつりスタート