ごてんまり、多彩に61点 秋田市で26日まで展示会

さまざまな本荘ごてんまりが並ぶ展示会
 秋田県由利本荘市の伝統工芸品「本荘ごてんまり」の展示会が、秋田市中通のあきた文化交流発信センター(フォンテAKITA6階)で開かれている。県内の愛好家約30人が手作りした多彩な61点が並ぶ。由利本荘市観光協会の主催で26日まで。

 本荘ごてんまりは、まりの下と左右の3カ所に垂れ下がる房が特徴。1950~60年代、農閑期に女性の内職として盛んに作られるようになった。

 大きさは直径約10~30センチ。赤、青の絹糸などを使い、幾何学模様や花火、キクを精巧に刺しゅうした作品が並ぶ。サッカーボールを模したユニークなものもある。

 来場した潟上市天王の渡部典子さん(34)は「一つ一つ丁寧に作られている。色の組み合わせがとてもきれい」と話した。

 午後1~7時(土、日曜は午前10時から)。入場無料。

秋田市

秋田
土方巽のパネル増設、見応えアリ 羽後・鎌鼬美術館が再開
秋田
太平山、今季は山小屋開けません 山頂での「3密」回避へ
秋田
ヤートセ秋田祭、初の中止に 新型コロナ感染拡大で
秋田
勝手に「ゴーン」 千秋公園、自動鐘付き機で復活
秋田
ツバキの魅力を感じて 秋田市の庭園で見頃