ニャンパチ光輝く、八郎潟駅前 LED2万4千個点灯

八郎潟駅前を飾ったイルミネーション。左がプロジェクト8が設置した「ニャンパチ」
 秋田県八郎潟町のJR八郎潟駅前でイルミネーションの点灯が始まった。駅舎そばの小公園や街路樹、大壁画に飾り付けられた約2万4千個の発光ダイオード(LED)がオレンジや青など色とりどりに光輝き、一帯は毎夜、華やかな雰囲気に包まれている。

 小公園のイルミネーションは、町内の若者グループ「プロジェクト8(エイト)」(佐藤友紀代表)が始めて4年目。円形の植え込みを覆うようにLEDを張り巡らせたドーム形の構造で、中心には町のマスコットキャラクター「ニャンパチ」のイルミネーションを配置した。

 駅舎前に並ぶ街路樹や大壁画の電飾は、町が2013年から毎年行っている。駅の乗降客らはスマートフォンで撮ったり、電飾の下をくぐったりして楽しんでいた。

 プロジェクト8は、国道7号と一日市商店街を結ぶ町道中央線の並木にも電飾を設置している。同グループのイルミネーション大作戦実行委員長石川学斗さん(32)は「子どもたちに喜んでもらえたらうれしい。地域の反応が、自分たちの活動を発展させていくモチベーションにもなる」と話した。

 点灯は午後5~10時。来年2月末まで。

八郎潟町

秋田
さば缶トーストおいしいよ 天王みどり学園高等部が商品化
秋田
踊り手の大きな輪広がる 八郎潟・一日市盆踊り開幕
秋田
SLや船、超リアル! 八郎潟、11日まで「動く模型展」
秋田
干拓前の八郎潟、引き網漁で活躍…うたせ舟、8年ぶり運航へ
秋田
八郎潟の田んぼアート見頃 ナマハゲ、秋田美人出現