イルミネーションで幻想的に 秋大手形キャンパス

2日に始まったイルミネーション。雨にぬれた地面に反射し、一層輝いた
 秋田大学手形キャンパス(秋田市)の正門近くの広場で2日、発光ダイオード(LED)3万3700個を使ったイルミネーションの点灯が始まった。来年2月25日まで毎日午後4~9時に点灯する。

 広場の中心に、クリスマスツリーに見立てた高さ約6メートルのオブジェを設置。青や白、黄色の光を放っている。近くの松の木にもLEDが飾られ、辺りは幻想的な雰囲気に包まれた。

 大粒の雨が降る中、学生らが足を止めてスマートフォンで撮影。理工学部2年の石村颯汰さん(20)=青森市出身=は「自分の大学にイルミネーションがあってうれしい。見ていてほっこりする」と話した。

 イルミネーションは学生や住民に楽しんでもらおうと、同大が2008年から行っている。

秋田市

秋田
お歳暮・バレンタインに使えるね! プレミアム菓子券を発行
秋田
秋深まる紅葉見頃、水心苑 ライトアップも企画
秋田
風味抜群!天然マイタケが旬 秋田市河辺の直売所
秋田
コロナ苦境の業者支援!地元産品、割安販売 27日まで秋田市
秋田
オンラインで27日「鎌鼬の里芸術祭」 作品披露へ