地元果物ジャムに新作「さるなし」 北秋田市で限定販売

新たに開発した「さるなしジャム」(左から二つ目)
 秋田内陸線の旅行商品や沿線の土産物を開発する「くまのたいら企画」(北秋田市、大穂耕一郎代表)は、同市阿仁産のサルナシを使った「さるなしジャム」を開発し、80個の限定販売を始めた。2013年から取り組む地元産果物ジャムの第5弾。

 サルナシはマタタビ科のつる性低木で「コクワ」とも呼ばれ、果実の味はキウイフルーツに似ている。かつてはおやつ代わりに食べたり、果実酒に使われたりしたが、近年はほとんど食用に使われていないという。

 阿仁地区では、庭や畑にサルナシを植えている家庭があることから、果実を有効活用しようと数軒の協力を得て収穫。市内の菓子店に製造を依頼し、甘酸っぱいジャムに仕上げた。香料、着色料は使っていない。

 同社はこれまで地元産のマルメロ、リンゴ、ナツハゼ、キイチゴを使ったジャムを開発している。大穂代表は「サルナシも土産品の定番となることを目指す。果実を収穫していない木があれば連絡してほしい」と話している。

 さるなしジャムは150グラム入り750円(税込み)。内陸線阿仁合駅、同駅前の「ふれあいショップひまわり」、道の駅あに、打当温泉マタギの湯などで販売中。

 問い合わせは、くまのたいら企画TEL0186・84・2120

北秋田市

秋田
ハローキティ×蒸気機関車、夜の公園を彩る きらきらフェス
秋田
特産品コンテスト、本県の2点入賞 県勢、6年連続
秋田
伊勢堂岱の価値「再認識」 ジュニアガイドが報告、北秋田
秋田
一押し、阿仁合の楽しみ方提案 日中英の言語で見どころPR
秋田
色鮮やか、森吉山の紅葉見頃 ゴンドラ山頂駅にぎわう