東京で「小岩井農場」味わって 直営レストランがリニューアル

東京駅を一望でき、岩手を味わえる「小岩井農場TOKYO」
 東京都千代田区の丸ビルにある雫石町の小岩井農場直営レストラン「小岩井農場TOKYO」がリニューアルした。まきば園をイメージし改装し、農場直送の牛肉やチーズを使った美味を提供。東京駅を見ながら、小岩井農場を堪能できる憩いの場所として人気を呼んでいる。

 丸ビル5階のレストランは9月にリニューアルした。店内の壁紙は小岩井農場を感じてもらおうと、白からワインレッドに模様替え。メニューは農場で一貫生産する牛肉やチーズ、卵、野菜を使った料理に加え、陸前高田市産のカキ、八幡平市のサーモン、遠野市のパドロンなど県産食材も多く取り入れた。

 目玉は肉のうま味が味わえる農場産交雑牛の溶岩プレート焼き。小岩井牛のハンバーグステーキやビーフシチューもある。飲み物は牛乳やヨーグルトを使ったファームカクテルからワインまで豊富な品ぞろえが自慢。ランチはオムライスにハンバーグかシチュー、ステーキの付け合わせを選ぶ「まきばプレートランチ」(1400円)が人気だ。食器に丸太プレートや南部鉄器を使い、岩手もPRしている。

 加藤純司総料理長は「小岩井農場を懐かしんでもらったり、行ってみたいと思ってもらえる場所にしたい」とPR。川上元久支配人は「料理から飲み物まで小岩井農場産がそろっている。小岩井農場を感じてほしい」と呼び掛ける。

 営業時間はランチ・カフェが午前11時~午後4時、ディナーは午後5時半~同11時(日祝日は同10時まで)。

雫石町

岩手
高校生アイデア 焼き麸ラスク 不来方高生が包装考案
岩手
雫石の「顔」おいしくPR ゆるキャラクッキー2種販売
岩手
山育ちトラフグ堪能 雫石・鶯宿温泉、6館でキャンペーン
岩手
雪まつり延べ10万3千人来場 外国人客伸び、1日平均は倍増
岩手
雫石の美味 巡って景品 スタンプラリーフェア