石割桜守る「防寒着」 盛岡で雪囲い作業

降雪に備え、石割桜の枝につり縄を結び付ける職人たち=27日、盛岡市内丸
 盛岡市内丸の盛岡地裁前庭で27日、国指定天然記念物・石割桜に雪囲いが施された。

 同市本町通の造園業豊香園(藤村尚樹社長)の7人が作業。周囲4・5メートルの幹にこもを巻き付け、雪の重さで枝が折れないよう、高さ約15メートルの支柱からつり縄を張った。

 滝沢市鵜飼(うかい)下高柳の工藤和雄さん(69)は「こうして守られてきたから、毎年きれいな桜が見られる。来春も楽しみ」と作業を見つめた。雪囲いは3月中旬に取り外される予定。

 

盛岡市

岩手
動物公園 愛称は「ズーモ」 盛岡・新ルートを整備、6月営業開始
岩手
高校生アイデア 焼き麸ラスク 不来方高生が包装考案
岩手
動物公園30年の足跡 盛岡市公社記念誌発行
岩手
石割桜、近づく春実感 雪囲い取り外し
岩手
美容用はさみに漆の輝き 県内外の3社、岩手の技PR