待望、爽快、初滑り 県内、スキーシーズン到来

今季の営業をスタートした夏油高原スキー場。来場者は久々の雪の感触を満喫した=21日、北上市和賀町
 本県にスキーシーズンが到来した。北上市和賀町の夏油高原スキー場は21日、県内のトップを切って営業を開始。雫石町や八幡平市のスキー場も月内から12月にかけ相次いで予定する。今季は2022年北京冬季五輪を前に中国などの観光客が増えそうで、各施設ではサービスに趣向を凝らして取り込みを図る。

 夏油高原スキー場では小雪が舞う中、約150人がカラフルなウエア姿で雪の感触を楽しんだ。積雪は山頂55センチ、山麓30センチで、初日は14コースのうち五つを開放。八戸市小中野のプロスノーボーダー河村匡信さん(21)は「こんな早い時期なのに雪質が良く、最高です」と声を弾ませた。

 今季の営業は昨季に比べ18日早い。コースが整備されていない森の中を滑走できる上級者向けエリアを1カ所増やしたほか、外国人客向けに場内宿泊施設の個室を新たに整備。村松麻人支配人(30)は「滑り出しは上々。昨季より2万人多い12万人の来場を目指す」と意気込む。

 八幡平市の安比高原スキー場は23日にプレオープンを予定。中国、台湾、オーストラリアなど外国人客の増加傾向を踏まえ、来場目標を昨季比7万2千人増の45万人と設定した。北京冬季五輪を見据えて中国人の初心者向けにスキー板のレンタルサービスを拡充し、中国語で滑り方を学べる教室も開く。

 畠山護(まもる)支配人(51)は「さまざまな国の人々の交流の場としても機能を果たし、スキーの魅力を国内外に発信したい」と施設の魅力向上に努める。

 雫石町の3スキー場は昨季、12月15日にオープン。今季は雫石スキー場と岩手高原スノーパークが1日早い14日、網張温泉スキー場が6日遅い21日の営業開始を予定している。

北上市

岩手
秋の味覚 二子さといも上々 北上で出荷始まる
岩手
民俗芸能、再起へ結集 北上で「祈りと絆の舞」幕開け
岩手
カッパとてんぐの伝承紹介 北上・鬼の館が企画展
岩手
名物たれ餅 全国発信 展勝地レストハウス、冷凍商品ネット通販
岩手
学生目線で展勝地発信 北上出身の県立大生ら有志、動画投稿