男鹿のせんべい、機内サービスに 伊丹発秋田行き、今月限定

ジェイエアが一部乗客に提供している県産せんべい「金の鼎庵」。左は味付けに使ったたれ
 米菓を製造販売する「鼎家(かなえや)」(秋田県男鹿市)のせんべい「金の鼎庵(ていあん)」が、日本航空のグループ会社ジェイエア(大阪)が運航する大阪伊丹発秋田行き全便のクラスJで、今月限定の機内サービスとして提供されている。

 金の鼎庵は県産うるち米だけで作った生地を手焼きし、石孫本店(湯沢市)のみそとしょうゆを独自に配合して味付け。ほのかなみその甘みとサクサクとした食感が楽しめる。普通席とファーストクラスの中間クラスに当たるクラスJの利用者に1枚ずつ無料で配られ、好評だという。

 ジェイエアは地域貢献の一環で就航先の特産品を機内で提供しており、県産品は今回で7品目。金の鼎庵は、日本航空大阪支店が県大阪事務所を通じて選定した。鼎家の米田賢吾社長(42)は「機内サービスをきっかけに、お土産として購入してもらえるとうれしい」と話す。

 金の鼎庵は秋田空港や秋田市のあきた県産品プラザ(アトリオン内)、県内の道の駅で販売中。5~30枚入りで702~4536円(税込み)。問い合わせは鼎家TEL018・853・6766

男鹿市

秋田
お歳暮・バレンタインに使えるね! プレミアム菓子券を発行
秋田
入道埼灯台をイメージ しましま「おがパフェ」19日発売
秋田
なまはげ太鼓、男鹿の観光地に出張します 9月まで土日祝日
秋田
オガーレの来場者100万人突破 タイ、アワビなど贈呈
秋田
男鹿で取れた新鮮な魚介ずらり オガーレ、12日まで創業祭