つぶら シタツンガ 盛岡市動物公園・牛の仲間、赤ちゃん公開

29日に一般公開が始まったシタツンガの赤ちゃん
 盛岡市新庄の市動物公園は29日、同園で24日に生まれた牛の一種「シタツンガ」の赤ちゃんを公開した。つぶらな瞳と、母親に寄り添い、走り回る姿が愛らしく、早くも人気者になりそうだ。

 体長約50センチ、体重4・1キログラムの雌で、父のカグヤと母ニーナから生まれた。名前はまだ決まっていないが、ニーナのおっぱいを飲んで元気に育っている。

 シタツンガは、アフリカの沼地や水辺に生息するウシ科の動物。同園では5度目の繁殖で、飼育数は4頭となった。母親と訪れた奥州市水沢福原の吉次叶芽(かなめ)ちゃん(4)は「小さくてかわいい」とほほ笑んだ。同園広報担当の森敦子主任は「成長が早いので、赤ちゃんの姿が見られる期間は短い。12月の冬季閉園までにぜひ合いに来て」と呼び掛ける。

盛岡市

岩手
初競り 「江刺りんご」140万円 盛岡・過去最高値を更新
岩手
冬の訪れ告げる使者 盛岡・高松池にハクチョウ飛来
岩手
コラボパン、お味いかが 白石食品工業、学生有志と共同開発
岩手
南昌荘で紅葉ライトアップ 盛岡、10日まで
岩手
盛岡市のイベント情報