大館・秋田犬の里 年明けにも「かっちゃん」デビュー

秋田犬の里の展示犬に仲間入りする「かっちゃん」
 秋田県大館市の観光交流施設「秋田犬の里」(JR大館駅前)にフィギュアスケート女子、アリーナ・ザギトワ選手(ロシア)の愛犬マサルのきょうだい「かっちゃん」が加わった。訓練を経て、年明けにも展示犬デビューする予定。

 かっちゃんは、秋田犬保存会(本部・大館市)の遠藤敬会長(51)が大阪府高石市の自宅で飼育していた秋田犬。マサルと同じ昨年2月15日、大仙市で生まれた。赤毛の雌で正式な名前は「勝花(しょうか)」。ザギトワ選手に贈る秋田犬の選考で、マサルと共に最後まで候補に残った後、遠藤会長が引き取って育てていた。

 26日、秋田犬の里で行われた贈呈式で遠藤会長は「大館の役に立ちたい。かっちゃんには、国内外の皆さんに足を運んでもらえるよう『親善大使』として活躍することを願う」とあいさつし、福原淳嗣市長にかっちゃんを贈った。

 かっちゃんは後日、市から畠山正二さん(76)=同市比内町=に譲り渡される。畠山さんは、ロシアのプーチン大統領に贈られた秋田犬「ゆめ」を育てたほか、秋田犬の里で展示に協力しており、「デビューには2カ月程度の訓練が必要。大事に育てたい」と話した。

大館市

秋田
きらめく夜を楽しもう! 2019秋田・イルミネーション情報
秋田
きりたんぽ作り×農家民宿 体験プランが「食かける賞」受賞
秋田
レールバイク、訪日客に好評 過去最多を記録、運行延長も
秋田
伊勢堂岱の価値「再認識」 ジュニアガイドが報告、北秋田
秋田
石田ローズガーデンにカフェ新設、ペット同伴可へ