写っていたのは藤あや子さん 伝統工芸品に触れて

県内伝統工芸品を手に取って品定めできる展示・販売会
 デザイン性の高い秋田県内伝統工芸品を集めた展示・販売会が23日、秋田空港2階のにぎわい広場で始まった。樺細工(かばざいく)の茶筒や大館曲げわっぱの弁当箱といった約30点の商品が並び、空港利用者の目を引いた。11月3日まで。

 土産売り場を運営する秋田空港ターミナルビル(秋田市雄和)が、普段はショーケースに入れている伝統工芸品を客に触れてもらい、質感や香りをじかに感じてもらおうと企画した。

 県内で伝統工芸品を手掛ける6社の商品を展示。川連塗り、秋田杉桶樽(おけたる)、大館曲げわっぱ、樺細工の技術を用いたおひつやトレーなど、美しいデザインで日常的に使える商品をそろえた。

 企画に協力したデザイン事務所「casane tsumugu(かさね・つむぐ)」(横手市)の田宮慎代表社員(43)は、「多くの方に伝統工芸品に興味を持ってほしい」と話している。

 午前7時~午後8時。期間中は休みなし。

秋田市

秋田
「生命の樹」小型模型も 秋田市、千秋美術館で岡本太郎展
秋田
土や木の香り感じて 大森山、1日から「森の居場所」
秋田
新型コロナで苦境のココラボ、「未来の展覧会チケット」販売
秋田
「生グソ」持ち帰りOK 秋田市・広栄堂のかき氷、混雑回避で
秋田
キョンの赤ちゃんサツキ、愛らしく 大森山動物園