シェアサイクルぐるり八幡平 市内で実証実験

シェアサイクルの実証実験に向けて意気込む富樫建会長(右)と松嶋大オーナー
 八幡平圏域シェアサイクル普及促進協議会(事務局盛岡市、富樫建会長)は12日から、八幡平市内でシェアサイクルの実証実験を始める。7カ所の拠点に全13台の電動アシスト自転車を設置。観光客らの交通手段の確保を支援し、来年度以降の本格運営を目指す。

 利用者はシェアサイクルのサービスを提供するアプリ「ハローサイクル」から会員登録してもらう。自転車はどの拠点からも借り返し可能。料金は15分80円で1日1500円。同アプリから予約や支払いを行う。

 実験は来月4日まで。拠点は松尾地区を中心に、八幡平ハイツや八幡平マウンテンホテルなどの宿泊施設、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のオークフィールド八幡平などに置く。7カ所のうち6カ所を巡り、オークフィールドでゴールしてもらうスタンプラリーも併せて行う。

 問い合わせは同協議会事務局(019・656・1386)へ。

八幡平市

岩手
日本酒と器のコラボ 23日まで「酒と肴の器 百選百様」開催
岩手
フリーライドスキー間近で 安比高原で1日、東北初の国際大会
岩手
岩手山背に犬ぞり軽快 八幡平市でチャンピオンシップ大会
岩手
新型肺炎、県内も警戒 空港、観光施設は対応強化
岩手
「ゆけむりいちご」初出荷 八幡平スマートファーム