「ありがとう」42年、万感の店じまい 盛岡の喫茶店メルシィ

42年間地域に愛され、「感謝しかない」と思いを語る蒲沢裕一店主(右)と妻幸子さん
 盛岡市みたけの喫茶店メルシィは25日、閉店する。地域に愛され42年。ハンバーグやナポリタンなど多彩な軽食と、コーヒーなどで一息つく空間を提供してきた。蒲沢裕一店主(70)と妻幸子さん(65)は「みなさんに感謝しかない」と、店名に込めた思いを胸にする。

 1977年、蒲沢店主が28歳の時にサラリーマンから転身し開店。店名は仏語の「ありがとう」を表す。個人経営の喫茶店が多かった時代、情報交換や休憩の場となる空間をつくり「営業マンの役に立ちたい」と奮起し、幸子さんやスタッフと店を切り盛りしてきた。

 人気のドリアやグラタン、ランチセットなど約70種類のメニューが並ぶ。平成改元の頃改装した異国風の黄色い喫茶店外観は、今も目を引きつけている。

 営業は平日午前10時~午後6時、日祝日は午前11時~午後6時。

盛岡市

岩手
初競り 「江刺りんご」140万円 盛岡・過去最高値を更新
岩手
冬の訪れ告げる使者 盛岡・高松池にハクチョウ飛来
岩手
コラボパン、お味いかが 白石食品工業、学生有志と共同開発
岩手
南昌荘で紅葉ライトアップ 盛岡、10日まで
岩手
盛岡市のイベント情報