二子さといも 今年も格別 北上で初出荷式

強い粘りと深いこくが特徴の二子さといもと、秋の味覚の代表の芋の子汁
 北上市特産の「二子さといも」の初出荷式は9日、同市二子町の花巻農協北上地域二子さといも選果場で行われた。昨年9月、国の地理的表示(GⅠ)保護制度に県内の野菜では初めて登録。生産者らは高品質の産品の出荷を誓った。

 約100人が出席し、同農協北上地域野菜部会さといも専門部の高橋豊部長(63)が「GI取得後の本格的販売が本年度から始まる。安全安心のサトイモを提供していく」とあいさつ。テープカットで祝い、箱詰めした1・59トンをトラックに積み込み、県内市場に出発した。二子保育園の園児が鬼剣舞を披露し、ふたごいものこ母ちゃんの会のメンバーが作った芋の子汁も振る舞われた。

 二子さといもは独特の強い粘りとうま味が特色だ。同専門部では市内約100戸の農家が計25ヘクタールで栽培し、今年は出荷量175トン、販売額7千万円が目標。7月中旬からの高温少雨により干ばつ傾向で8月下旬の作柄調査では比較的小玉中心だったが、今月に入り玉回りは大きくなっている。

北上市

岩手
北上市のイベント情報
岩手
列車に自転車〝同伴〟 JR北上線・北上―ほっとゆだ間、実証実験
岩手
ものづくりの魅力味わって 北上で27日までテクノメッセ
岩手
岩手・2019秋■旬の味覚を楽しもう!
岩手
夏油高原の秋を堪能 北上・紅葉まつり、20日まで