山車華やか、包む活気 二戸まつり始まる

市中心部を華やかに彩った二戸まつりの行列
 二戸市に秋の訪れを告げる二戸まつり(実行委主催)は30日、市中心部で開幕した。華やかな風流山車などが練り歩き、中心街が活気に包まれている。

 初日はみこしと山車の合同運行を実施。同市ゆかりの戦国武将・九戸政実(まさざね)にまつわる題材など、各地区・団体による9台の山車が現れると、沿道からは歓声や拍手が上がった。参加者は「ヨイサー、ヨイサー」と威勢の良い掛け声を響かせ、約3キロを練り歩いた。

 まつりは9月1日まで。31日と1日のみこし、山車の運行は午後2時半から。31日は流し踊り、1日は郷土芸能なども行われる。

二戸市

岩手
亡き父と〝二重奏〟 二戸市のピアニスト金子さん、24日演奏会
岩手
県北の特産品、東京で発信 カシオペア連邦大博覧会
岩手
滑って転んで歓声 二戸・県北青少年の家、スケート場開業
岩手
丸太へ巧みに「愛」刻む 二戸・チェーンソーアート大会
岩手
戦国時代 体感して 二戸で29日、九戸城まつり