改元の記念にどうぞ サブレなど「令和」印刷の商品登場

かおる堂の「令和サブレ」
 5月の改元を前に、新元号「令和」をあしらった商品がお目見えした。新元号の文字を目立たせた記念品としてPRしている。

 秋田市中通のくまがい印刷(熊谷正司社長)は、新元号が発表された1日の翌2日、記念のカレンダーとうちわを発売した。同市在住の書道家が書いた「令和」の文字をプリントし、元号の由来となった万葉集にちなんで背景に梅の花のイラストもデザインした。

 カレンダーは、A1サイズ(税込み3800円)と、ラミネート加工したA3サイズ(同650円)の2種類。うちわは税込み400円。いずれも別料金で企業名やメッセージなどを印刷できる。熊谷健司専務は「記念品や、企業の広告として活用してほしい」と話している。

 直営通販サイト(http://www.calendarya.jp/)などで取り扱っている。問い合わせはくまがい印刷TEL018・833・2220

 同市川尻町の菓子製造販売のかおる堂(藤井明社長)は5日、看板商品「カオルサブレ」に新元号の文字をプリントした「令和サブレ」を発売。1枚税込み216円。食用インクで文字を印刷する「フードプリンター」を使って製造した。読み仮名「れいわ」も入れた。

 「おいしいサブレを食べて改元を祝ってもらえればうれしい」と加藤博英営業部長。同市と由利本荘市の五つの直営店で、今月末までの期間限定で販売する予定。問い合わせはかおる堂TEL018・864・4500

秋田市

秋田
オンラインで27日「鎌鼬の里芸術祭」 作品披露へ
秋田
サルの新居もうすぐ完成 大森山動物園、今冬お披露目へ
秋田
新米きりたんぽ、こんがりいい匂い 営業再開の濱乃家で作業
秋田
甲冑まとい武将気分 佐竹史料館、22日まで試着イベント
秋田
見つけたら幸せになれるかも? 千秋公園にハートのサツキ