踊り手の大きな輪広がる 八郎潟・一日市盆踊り開幕

東京五輪にちなんだ衣装の踊り手たちが目立った一日市盆踊り
 秋田県八郎潟町の一日市盆踊りが18日夜、町中心部の一日市上町大通りで開幕した。着物や仮装姿の踊り手が、力強い太鼓と笛のおはやしに合わせて3種類の踊りを優雅に歌い舞った。20日まで。

 浴衣姿の小学生らによる子どもの部に続き、午後8時20分に一般の部が始まった。風俗や世事を取り込んだ手作りの衣装は今年も盛んで、来年の東京五輪にちなんで五輪マーク付きのドレスを着たり、聖火ランナーやスポーツ選手などに扮(ふん)した踊り手が目立った。

 町内外から団体で参加した踊り手の中に観光客らも見よう見まねで加わり、1周約200メートルの大きな輪をつくって2時間近くにわたって踊り続けた。

 400年以上の歴史があるとされる一日市盆踊りは、リズミカルな「でんでんづく」と「きたさか」、ゆったりとした「三勝(さんかつ)」が伝えられている。覚えやすい振り付けで、誰でも参加できるのが特徴。2006年に県無形民俗文化財に指定された。

 19、20日とも午後7時半から10時まで。当日の飛び入り参加もできる。

八郎潟町

秋田
SLや船、超リアル! 八郎潟、11日まで「動く模型展」
秋田
干拓前の八郎潟、引き網漁で活躍…うたせ舟、8年ぶり運航へ
秋田
八郎潟の田んぼアート見頃 ナマハゲ、秋田美人出現
秋田
7月もイベント盛りだくさん!秋田で遊ぼう
秋田
一日市盆踊(秋田県八郎潟町)