迫力満点!恐竜パーク 八幡平市、安比の森に開園

迫力ある恐竜の模型が並ぶ安比恐竜パーク
 八幡平市の安比高原スキー場などを運営する岩手ホテルアンドリゾート(盛岡市、黒沢洋史社長)は3日、同スキー場近くの安比の森に「安比恐竜パーク」をオープンした。

 夏の行楽シーズンに合わせ、主に家族連れに楽しんでもらおうと初めて企画。屋外の約2ヘクタールにティラノサウルスやトリケラトプスなどの模型約20体を展示している。最も大きい模型で体長約15メートルのものもあるほか、首などが動く仕組みで、草地や林の中で動く様子は迫力満点だ。

 東京都練馬区から家族5人で訪れた奈良岡朋弥君(同区立大泉小6年)は「恐竜の動きなどがリアルで雰囲気を楽しめた」と声を弾ませた。

 午前10時~午後4時。25日までの毎日、31日~10月27日は土日祝日に営業。入場料は中学生以上1200円、小学生以下千円。インターネット購入だと中学生以上900円、小学生以下700円。いずれも3歳未満は無料。

 問い合わせは安比高原インフォメーション(0195・73・5111)へ。

八幡平市

岩手
日本酒と器のコラボ 23日まで「酒と肴の器 百選百様」開催
岩手
フリーライドスキー間近で 安比高原で1日、東北初の国際大会
岩手
岩手山背に犬ぞり軽快 八幡平市でチャンピオンシップ大会
岩手
新型肺炎、県内も警戒 空港、観光施設は対応強化
岩手
「ゆけむりいちご」初出荷 八幡平スマートファーム