海上七夕船、夜空彩る 大船渡夏まつり、3日まで

きらびやかな電飾をまとい大船渡湾を巡航した海上七夕船団
 大船渡市の三陸・大船渡夏まつり(実行委主催)は2日、同市大船渡町のJR大船渡駅周辺地区で開幕した。東日本大震災後初めて、被災した中心市街地へ祭り会場が「帰還」。初日は電飾を施した船団による「海上七夕」が大船渡湾内を巡航し、夏の夜をきらびやかに彩った。

 大型台船や漁船など二十数隻で構成する七夕船団は、中心市街地近くの茶屋前岸壁を発着点に細浦新港、蛸ノ浦漁港を経由した。午後7時半ごろから大船渡丸の船上をステージに歌謡ショーを繰り広げた。

 まつりは3日まで。同日午後4時半から茶屋前岸壁大船渡丸特設ステージで開催式を実施。臨港道路で市民道中踊りを披露するほか、8千発の大輪が夜空に打ち上がる花火大会などが行われる。

大船渡市

岩手
ミニSL、気分ノリノリ 大船渡で3鉄まつり
岩手
ハイカー憩う場、静かな人気 大船渡「BAR・ばハウス」
岩手
米国クルーズ船、大船渡にやってくる 来年9月、県内2港目
岩手
夏もドンコおいしく 大船渡・かまぼこ11日試験発売
岩手
絆咲く 盛町灯ろう七夕まつり 大船渡・復興の「仲間」集う場へ