男子・工藤初V、女子は杉沢 焼走りマラソン10キロ16~39歳

男子10キロ16~39歳 両手を上げて初優勝のゴールテープを切る工藤郁也(フェニックス)=八幡平市・岩手山焼走り国際交流村
 第28回岩手山焼走りマラソン全国大会(実行委主催、八幡平市、岩手日報社など共催)は7日、同市の岩手山焼走り国際交流村を発着点とする折り返しコースで、男女の10キロ、5キロ、中学生3キロと、ファミリー2キロの計15部門が行われ、10キロ16~39歳は男子が工藤郁也(ふみや)(フェニックス)が33分49秒で初優勝、女子は杉沢多佳子(New Fitness)が37分49秒で2連覇を果たした。

 男子10キロ40~59歳の高橋祥基(よしき)(奥州市)が33分24秒の大会新をマーク、全部門でもトップの記録で優勝を飾った。

八幡平市

岩手
日本酒と器のコラボ 23日まで「酒と肴の器 百選百様」開催
岩手
フリーライドスキー間近で 安比高原で1日、東北初の国際大会
岩手
岩手山背に犬ぞり軽快 八幡平市でチャンピオンシップ大会
岩手
新型肺炎、県内も警戒 空港、観光施設は対応強化
岩手
「ゆけむりいちご」初出荷 八幡平スマートファーム