糀みそで食卓の友 釜石・藤勇醸造、ドレッシング開発

「十割糀みそ」を使ったドレッシング(手前左)。みそのおいしさを手軽に味わえる
 釜石市大渡町のみそ、しょうゆ製造業藤勇醸造(藤井徳之社長)は同社の「十割糀(こうじ)みそ」を使った「糀みそドレッシング」を発売した。無添加にこだわり、タマネギの甘みや米油、ごま油がみそのうま味を引き立てる一品。消費量が減少傾向にあるみそを手軽に味わえる新商品として注目されそうだ。

 県産の米と大豆100%で造った無添加の十割糀みそをベースに生タマネギと炒めタマネギ、米油、ごま油、米酢などを配合。白こしょうが味を引き締め、甘みや酸味のバランス、風味にこだわった。野菜や海藻、キノコ類のほか、チーズにかけるのもお勧めだ。

 発酵食品ブームや健康志向に合わせた新商品を「入り口」に既存商品に関心を寄せる客も。商品開発と広報を担当する小山明日奈さん(30)は「みそを身近に使い、味わってもらう工夫が必要だと考えていた。ラグビーワールドカップ(W杯)もあり、外国人客が日本食に興味を持つきっかけにもしたい」と期待する。

 150ミリリットル入り税別390円。釜石市の道の駅「釜石仙人峠」やイオンタウン釜石、盛岡市のクロステラス盛岡内の産直などで販売する。

 問い合わせは藤勇醸造(0193・22・4177)へ。

釜石市

岩手
勇姿 釜石を一つに ファンゾーン、日本戦PVで熱気
岩手
大みこし 浜に復活 釜石まつり、9年ぶり
岩手
釜石ファンゾーンでPV ラグビーW杯、きょうあす準々決勝
岩手
学生発 釜石スイーツ 地元カフェ、就業体験2人が考案
岩手
大観音「お膝元」一新 釜石・建立50周年プロジェクト