木彫りの魚で「水族館」 一関・大東図書館、黒須道哉さんの作品展

リアルな木彫りの魚が並ぶ黒須道哉さんの作品展
 木から削り出され、今にも泳ぎ出しそうな魚が空間に浮かぶ。一関市千厩町千厩の黒須道哉さん(64)による魚の木彫り展は、8月23日まで同市の大東図書館で開かれている。釣り好きが高じて10年ほど前から独学で始め「どっぷりはまってしまった」という深海のような創作の世界。来場者は、魚への愛情がこもった黒須さんの作品を興味深く眺めている。

 ケヤキやヒノキを材料に、タイやヒラメ、イカにサケなどを彫った約50点が並ぶ。質感をリアルに表現した作品に「生きているみたいだ」と、本を借りに訪れた児童が立ち止まった。

 開館は午前10時から午後7時(土、日曜は午後6時)で入場無料。月曜休館。

一関市

岩手
ナス好き集まれ「昼も夜もナスフェス」一関や平泉などで開催
岩手
一関のアーク館ケ森でラベンダー見頃 ハーブフェスタも開催中
岩手
自慢のコーヒーで心安らぐ時間提供 一関・喫茶店シャ・ノアール
岩手
「ドアのオブジェ」お目見え JR一ノ関駅の跨線橋、28日まで
岩手
漫画「丁寧な暮らしをする餓鬼」初個展 一関、複合ショップ縁日