11日に種山高原山開き 4年ぶり通常開催、奥州・星座の森で式典

 奥州市と住田町にまたがる種山高原の山開き(種山高原観光協会主催)は11日に現地で開かれる。4年ぶりの通常開催となる。

 午前10時から同市江刺米里の種山高原星座の森で式典を行う。森林公園や物見山(871メートル)のハイキング、郷土芸能などの披露のほかスウェーデン発祥のスポーツ「クッブ」の体験会も開く。両市町から出店があり弁当や軽食、コーヒーなどを販売する。

 新型コロナウイルス禍の影響で2020、21年は神事のみ行い、22年は規模を縮小した。同協会事務局の千葉一貴さん(48)は「制限なく山開きを行えてうれしい。参加型の企画もあるので一日楽しんでほしい」と来場を呼びかける。

奥州市

岩手
「藤のトンネル」鮮やかにライトアップ 奥州・えさし藤原の郷
岩手
こだわりのふんわりパンケーキで笑顔に 奥州・ブレッシング
岩手
奥州の食材使ったこだわりランチ 発酵おにぎりカフェ
岩手
奥州・水沢公園で桜の開花宣言 今週末にも見頃
岩手
大谷翔平選手結婚、続く祝福ムード 岩手県内、記念セールも