チャグチャグ馬コ完全復活へ 6月10日、触れ合いや飲食可能に

チャグチャグ馬コの完全復活が決まり「喜んでもらえるよう頑張る」と愛馬をなでる馬主=13日、滝沢市鵜飼
 岩手県の初夏の風物詩「チャグチャグ馬コ」が新型コロナウイルス禍を経て4年ぶりに完全復活する。保存会(会長・谷藤裕明盛岡市長)が13日の総会で、6月10日のパレード開催を決定した。感染拡大防止のため制限していた商店街での馬コとの触れ合いや、沿道での飲食も可能となる。事業者は盛り上げへ腕まくりし、頭数減少に直面する馬主は「将来につながる開催に」と誓いを新たにする。

 盛岡市内で開かれた保存会総会では、滝沢市の鬼越蒼前神社から盛岡八幡宮までの14キロを練り歩くほぼ例年通りのルートを決定。休憩場所は昨年の桜城小からコロナ前の材木町商店街に戻し、馬コとの触れ合いも可能とした。

 昨年は縮小開催した大通パレードは、1時間かけて約200人が行進する形式に戻す。JR盛岡駅―蒼前神社間の無料シャトルバスも復活し、制限していた観覧時の飲食やマスクの着用は自由とした。

滝沢市

岩手
「毎日食べたい」定食屋開店 滝沢・大杉佳之さん、盛岡・緑が丘に
岩手
滝沢スイカまつり11日開催 取れたての特産販売
岩手
滝沢で初の雪フェス 「ペットの里」で2月1日から
岩手
あまーいリンゴ「滝沢はるか」 市観光物産協会、6日から販売
岩手
チャグチャグ馬コ(盛岡、滝沢市)