御所野遺跡(一戸町岩舘)

御所野遺跡
 標高約200メートルの位置にある縄文中期後半の大規模な「むら」の跡。6万5千平方メートルの台地のほぼ全域から、800以上の竪穴住居跡が発掘された。1993年に国史跡。96年には焼失建物の復元図から、上屋が土屋根・ドーム型と判明し、全国初の実証として注目。「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」として世界遺産登録を目指している。御所野縄文公園内では竪穴式住居やストーンサークルなどを再現。同遺跡をはじめ、縄文時代と地域の文化などを紹介する博物館がある。

一戸町

岩手
おいでよ御所野遺跡 一戸で世界遺産記念の催し展開
岩手
旧家彩るつるしびな 一戸、15日まで1200点展示
岩手
「御所野」PR任せて 世界遺産登録記念、パッケージ制作
岩手
一戸発信「縄文スイーツ」 県北食材事業の第1弾
岩手
世界遺産や県北巡ろう 二戸地域振興センター、スタンプラリー