御所野遺跡(一戸町岩舘)

御所野遺跡
 標高約200メートルの位置にある縄文中期後半の大規模な「むら」の跡。6万5千平方メートルの台地のほぼ全域から、800以上の竪穴住居跡が発掘された。1993年に国史跡。96年には焼失建物の復元図から、上屋が土屋根・ドーム型と判明し、全国初の実証として注目。「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」として世界遺産登録を目指している。御所野縄文公園内では竪穴式住居やストーンサークルなどを再現。同遺跡をはじめ、縄文時代と地域の文化などを紹介する博物館がある。

一戸町

岩手
3年ぶりの「いちのへクラフト」 一戸、手仕事の魅力を発信
岩手
古里愛満載の作品展 一戸・柴田外男さん、記念バッグもデザイン
岩手
御所野の豊かな自然、歩いて触れる 一戸、縄文公園で里山観察会
岩手
気軽にランチいかが 一戸町が飲食店マップ作製
岩手
北東北の観光復活へ一丸 多彩な企画展開、各県夏祭りと連動も