ぱっちり、空見つめ 「八幡平ドラゴンアイ」

青空の下、雪が解けて現れた「八幡平ドラゴンアイ」=18日、八幡平山頂付近の鏡沼
 八幡平市と秋田県にまたがる八幡平(1613メートル)山頂付近の鏡沼で、沼の残雪が竜の目のように見える「八幡平ドラゴンアイ」が姿を現し、登山者や観光客の目を引いている。

 18日は青空が沼の雪解け水に映り、遠くには岩手山も。記念写真を撮ったり、思い思いに眺める人の姿が見られた。

 八幡平市観光協会によると、直径約50メートルの沼は、すり鉢状にくぼんだ形が特長で、雪解け水がリングのようにたまる様子からドラゴンアイの名が付いた。今年は昨年より1週間以上早く雪解けが進んでおり、6月上旬まで見られそうだ。

八幡平市

岩手
シェアサイクルぐるり八幡平 市内で実証実験
岩手
地熱施設の探検、大人もワクワク 八幡平市で「発電の日」ツアー
岩手
岩手山、冬の装い 初冠雪、昨年より19日早く
岩手
御来光 色づく秋 三ツ石山、輝く紅葉
岩手
八戸道30年、節目華やか 軽米・折爪SAで記念行事