案内板や行き先標…鉄道古物を販売 2月、秋田市でイベント

ホテルメトロポリタン秋田(資料写真)
 JR秋田支社などは2月19日、鉄道古物販売とビュッフェ料理を楽しむイベントを秋田市中通のホテルメトロポリタン秋田で開く。乗車口案内板や行き先標のほか、乗務員が使用した専用かばんも特別に販売する。参加定員は先着100人。26日正午から予約を受け付ける。

 鉄道古物販売では、乗車口案内板などのほか、車両の形式や製造所を示す銘板などを売る。購入の順番は抽選で決め、商品によって定額かオークションか販売方法が異なる。

 実際に乗務員が使用したかばん(胴乱)の販売は、物品の状態によって値段が変わり、5千円から1万円ほど。30個限定で1人1点まで。購入者は抽選で決める。

 ビュッフェは、サーモンのカルパッチョや県産豚を使った焼き飯などホテルメトロポリタン秋田のシェフ自慢の料理が楽しめる。ソフトドリンクは飲み放題で、アルコール飲料は提供しない。

 当日の日程は、午後0時半からビュッフェ、1時からかばん販売会、2時から鉄道古物販売会。秋田新幹線こまちの座席やパンタグラフといった鉄道設備も展示する。

 参加料6500円。JR秋田支社のショッピングサイト「JRE MALL 秋田支社ショップ」から申し込む。

秋田市

秋田
今にも動き出しそう!羊毛フェルトの作品展 ココラボで23日まで
秋田
「バイバイ、リリー」 大森山でアフリカゾウのお別れ会、来月八木山へ
秋田
四ツ小屋駅のコインロッカー? 新鮮・お手頃と好評、その正体とは…
秋田
千秋公園で秋田犬が待ってるよ 「ふれあい処」オープン
秋田
全国の人気ラーメン店がなかいちに! 6日まで「フェスタ」